一戸建ての住宅の手数料を安くする

一戸建ての住宅を購入するときには、その一戸建てを紹介してくれた仲介業者に対して一定の手数料を支払わなくてはいけません。この手数料のことを一般的に仲介手数料と言います。

奈良のリフォーム情報探しのヒントをお教え致します。

仲介手数料の上限は法律によって決められているため、仲介業者といえども好き勝手に上限を設定することは出来ません。

しかし、売買価格を基準として上限が決められるため一戸建ての住宅の価格が高ければ高いほど手数料の金額は高くなってしまうのです。

そこで、なるべく手数料を小さくする方法を考えなくてはいけません。


簡単な方法は、仲介業者が紹介している物件を探すのではなく不動産会社が売買している住宅を直接探すことです。

仲介業者と名乗っている業者の中には、不動産会社として賃貸や不動産を直接消費者と取引している会社が存在します。

そうした会社と取引を行えば第三者から仲介をしてもらうわけではないので仲介手数料を支払うことなく一戸建てを購入することが出来ます。

また、こうした会社を探すのが面倒ならば不動産を所有している所有者と交渉する方法もあります。実は、仲介手数料は不動産を購入した人が一方的に支払わなくてはいけないものではありません。



法律上では売買に参加した双方の折半で支払わなくてはいけないため、話し合いによっては相手に対してより多くの手数料を支払わせることも出来ます。



このように、一戸建ての仲介手数料は少し工夫をすれば料金を小さくすることが可能なのです。